ダルメシアン

こんにちは、当サイトの管理人です。

今回は、ダルメシアンのしつけに関する体験談をご紹介します。

しつけ方法や、その効果などがわかる体験談です。

 

4歳のダルメシアンに吠え癖とトイレトレーニングのしつけ

練馬区に住む41歳犬好きの男です。

飼っている犬は、ダルメシアンです。(100一匹わんちゃんで有名な犬です)この子は、飼い主放棄で家に来ました。

推定年齢は、4歳ほどで、多分前の飼い主さんが、あまりしつけをされてなかったんだと思います。

吠え癖や室内のおしっこなどフローリングにひどかったです。

なので、まず近所の目などがあるので吠え癖とおしっこを教えました。

まず吠え癖ですが、夜な夜な一人になると外の音に反応して(元々猟犬と言うこともあり)わんわん吠えてました。

そこで考えたのは、無駄吠えするたびに何か嫌な事が起きる。と言うことを教えました。

 

音を使った吠え癖のしつけ方について

僕がまず考えたのは、ペットボトルをぐしゃっと潰す音です。非常に嫌がってました。

犬に対して暴力や声を荒げて怒るのは抵抗があり、家に飼ってる犬も他にも数匹いますので。

他の犬にも変なしつけをしてしまうと怖かったので。まずは吠えるたびにペットボトルを、小さくグシャって音を立てました。

どっちみちペットボトル回収時に小さくたたむので一石二鳥でした。

そうすると犬自体も、だんだん慣れて来て、その音だとだんだん効かなくなりました。

そこで、次は3個連続で潰しました。そうすると逃げるようになり吠えるのをやめました。そこで、おやつを持っていき(ジャーキーが効果的)あげたら喜んで食べました。

 

凄い効果があったトイレのしつけ方法

これを少し時間はかかりましたが(二週間位)続けました。

そうするとだんだん吠えなくなり、今では全く吠えない子になりました。

おしっこは、フローリングですると目を見て「あらら、やったね・・・・。」と人間に話すように対話しました。

自分でやってて人に見られたら笑われると思いましたが。これが凄い効果がありまして。

犬は理解し始めるんですよね。そうすると、だんだん申し訳ない顔になり、ほんと一週間ほどでしなくなりました。

僕が出かけてる時はたまにソファーでしてましたが、それも2回ほどです。

後は、散歩中でするのが気持ちよく感じ始めたんでしょうね。家ではしなくなりました。

今では一切しません。逆に散歩時間が遅れても我慢してくれてます。(たまに僕が寝坊するので。)

 

愛犬を守るためにしつけをする

よく、テレビや雑誌でしつけ方法なんてしてますが。家族で迎えた犬。

性格がやっぱりあるので、メデイアはあんまり当てになりませんね。ただ、参考程度に、お座りとかその後教えましたが。

それは、少しだけ参考にしました。(ネット動画でアメリカの犬番組を観て)

ただ、それ以外は全て我流でしたが、犬も理解してくれました。と言いますかそう信じたいです。家族ですから。

だから、今となっては非常にお行儀がいいので、成功例ではないかと思います。怒らず、尚且つ犬に理解を求めて歩み寄る。

今では、散歩に行くたびに「お利口な犬」と褒められます。それが、まさしくしつけの効果でしょうね。

しつけをしてみて思ったのが、何事も愛情があるなら、その子を守るためにルール=しつけだと思いました。

・・・・・・・・・・・・・・・・

今回の体験談は以上になります。

当サイトでは、他にも多くの方の体験談を掲載していますので、そちらも参考にしてみてください。

 

ちなみに、管理人が一番参考にしているのは、世界で活躍するドッグトレーナー森田誠さんのしつけ法です。

森田誠さんのサイトはこちら